停電した時に、スマホやパソコン動かせる大容量の発電機の紹介をしています。

災害時の停電対策で必要なおすすめのポータブル電源

         商品名:エナーボックス(ENERBOX01)
          品番:CITAEB-01
          容量:444Wh/3.7V-120,000mAh
     内臓バッテリー:三元系リチウムポリマー電池
        DC入力:12.5~24V/6A(最大)
        USB出力:5V-2.1A(各ポート最大)
DC/シガーソケット出力:9V-12.6V
        AC出力:100V-60Hz/400W(定格)
      AC出力波形:純正弦波
        電量表示:LEDインジケーター
      動作適応温度:-10℃-40℃
本体フル充電用所要時間:約7時間(専用ACアダプタを使用時)
      サイクル回数:500回以上
         サイズ:303mm×134mm×184mm
          重量:約5kg

こんにちは。今日ご紹介するのは、LACITAJAPAN 「ENERBOX」 です。

なぜなら 昨今、台風により千葉県では、断水や停電が長く起こりました。

そしてライフラインはダメになってスマホや携帯の充電が出来なく、安否確認が出来ない 状態が多かったのではないでしょうか。

また2020年では、コロナウイルスの猛威にあり、アウトドアを楽しんでいる人もいると思います。

現に私のサイトも検索件数が上がっており、非常に興味のある商品だと感じております。

そんな時に便利なのが ENERBOX です。

こちらの商品は、日本製(made in japan)ですので海外の物からしたら信頼性も非常に高いですよね。

用途としては、キャンプや車中泊といったアウトドア、工事現場、災害対策品として使えます。

そして今、非常にその需要が高まっています。

業種問わず幅広く、個人や法人、自治体などからも購入いただいていると企業から聞いています。

ちなみに某サイトでも出しており、シリーズ累計販売台数は、6000台を突破した商品のようです。

筆者も昨今の災害を鑑みてポータブル電源は、欲しいなと考えております。

私の場合はどちらかというと、アウトドアで使うというより、災害時に自宅はソーラーパネルや蓄電池もないので、電源が使えなくなってしまうと冷蔵庫や電気が止まってしまうので、それだけは防げればなと考えております。