コロナ禍に電話一本でドクターが駆けつる”移動する病院”

いざという時に365日駆けつけてくれる移動する病院救急診療

序文

今のご時世、インフルエンザよりもコロナウイルス(COVID-19)に感染するリスクの方が高いですよね。ちなみに2020年のインフルエンザの統計では、1~2%の人が感染しており、例年のインフルエンザの感染者の0.01%だと言われています。また寒暖差で体調を崩す人やこれからの季節に流行る花粉症(スギ、ヒノキ)など、気になる症状が多いと思います。そこで今回ご紹介するのは、LINEのアプリでLINEするだけで駆けつけてくれる移動する病院です。こちらは34000人が夜間・休日往診を利用しています。

※一番下のリンクからLINEに登録していただければ全部を読む必要性はありません。

商品紹介

365日休まず対応しており、最短30分で医師が自宅などに伺い、その場で診察から検査、そしてお薬の処方をしてくれます。また、コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうか調べるPCR(polymerase chain reactionの略)検査にも対応していますので、最短翌日にPCR検査結果を聞くこともできます。往診後も必要に応じて医師や看護師によるアフターフォローを行っております。また、対面での診察を希望しない、もしくは軽度な症状で医師に相談したい方向けに医師とのビデオ通話によるオンライン診療にも対応しています。 現在の往診エリアは、東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良となっております (エリアによっては一部地域を除く※2021年1月段階の往診エリア)

こちらは、「いざという時の家族のお守り」としてLINEで友だち登録をしておくと、 ご自身やご家族の急な発熱やお怪我の際に夜間・休日問わず 365日チャットで簡単に医師を呼ぶことができます。

対象者は、体調がすぐ崩れたりするお子様から仕事が忙しくて病院に行けない方やおじいちゃんやおばあちゃんなどお年寄りまでカバーされており、スマートフォンとLINEのアプリがあれば誰でも使えます。

まとめ

筆者は、このオンラインシステムを知りませんでしたが、非常に今のコロナ渦では重宝されると思います。一人一人の命と健康を守るためにもLINEを登録してみてはいかがですか?

コメント