MENU

外部リンクの獲得方法とスパムリンクの否認方法を紹介

ドメインパワーの検索
目次

外部リンクとは?

外部リンクは優良なリンクとスパムリンクとに分かれます。前者は筆者のブログでも役に立っており、外部リンクが良質の物が集まってくると、それだけSEO的にも良いとされています。しかしスパムリンクは、ホームページやブログサイトの順位を下げます。なので良くない事ばかりです。逆に言えば、それだけライバルがいる事もあり、嫌がらせもあると言う事です。そこで今回は、スパムリンクを否認する方法を載せます。しかしこの方法は間違うと順位をガクッと落とす可能性がありますので、細心の注意を払う必要性があります。

昔は、ホントにこの外部リンクが大事な時代もありましたが、今ではあまり重要ではないらしいですが、やはり良質なリンクが集まってくると言う事は、価値があると言う事です。

外部リンクは、優良なリンクと被リンクを集めると数的には非常にいいと思います。

しかしながら、数が多くてもスパムリンクが多い場合には、ホームページやブログのサイトの質を落としてしまい、ドメインパワーが下がってしまいます。

ドメインパワーの測定

ドメインパワーの検索

自分のドメインパワーを測定するサイトがあります。このサイトで、検索すると何の対策が必要なのかが解ります。ただし、1回検索すると、1週間サーバーにドメインパワーが蓄積されます。また時たまデータの取得時に異常値が出る場合もあります。なので参考程度になればと思います。

ドメインパワーの検索を先日してみました。最初は、ドメインも育ちませんので0の値を示すことが多いと思います。そして1週間ごとに数値は変動します。今週は(2022年5月8日)、パワーランクが6.5でした。先日、サーバーを更新したので下がりましたが、直前はパワーランクが26位を示していました。今後も上げていこうと思っています。

外部リンクの一部を否認リストを作ってアップロード

外部リンクの数は、2022年6月において、30件近くありました。また内部リンクも930件近くありました。しかし外部リンクをチェックしていくと、ツイッターの寄せ集めやあまり知らないサイトに掲載されており、結果的にドメインパワーを落としておりました。そこでリンク否認をgoogleにアップします。リンク否認のアップ先は、google search consoleのヘルプからリンク否認と打って検索します。

リンク否認をする際には、かなり難しいアルゴリズムを使用するそうです。なので慎重に対応しないと、検索順位を一気に落として、圏外なんてこともあり得ます。

否認するリンクのリストを作成する

「サイトへのリンクを否認するページ」に飛んだら、自分のURLを指定し、否認リストをアップロードしていきます。私の場合は、https://kazunes.comとなります。そして否認リストをアップロードをクリックします。こちらの否認リストはメモ帳のテキストで作っていきます。一行一行改行しながら、否認したいURLを載せていきます。そして適当な名前で(名前.txt)保存し、アップロードします。外部リンクをいじると著しく順位が落ちたりするので、外部リンクを一ページずつドメインパワーを測定し、必要なのか見極めが重要となります。また否認リストをアップロード後に筆者は心配になり否認リストを一度キャンセルしております。ただそれでも否認リストは遂行してしまったので、外部リンクは少なくなりました。だいぶ心配になりましたが結果は、↓こちらにあります。

このドメインのパワーが10.1の結果になり大変うれしくなりました。ドメイン価値も直前まで900円程度でしたが、一気に2700円近くになりました。

この際に外部リンクをチェックする際に、ドメインパワーで検索することをオススメします。これにより、相手のドメインパワーを知る事が出来、尚且つ信頼できるサイトか判断する事が出来ます。さらにドメインパワー0~19前後ならば問題外で、私はリンク否認を申請します。

ドメインパワーを検索することでリンク否認サイトを探す事が出来ます。そして自分のドメインパワーを押し上げる事が出来ます。

リンク否認を間違って設定すると、ドメインパワーがガタ落ちする可能性があるので、気をつける事が大事です。

まとめ

筆者は、googleの掲載順位を文章の質で上げればと思い、だいぶ時間を無駄にしてしまいました。しかし、実際にはスパムリンクを見つけ、外部リンクから外すことでドメインパワーを押し上げる事が出来ます。この点を駆使すれば掲載順位があなたも上がると思いますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次