消毒用アルコールを手につける

お酒(スピリタス)などを消毒用アルコールに調製する方法

昨今の、コロナウイルスによりマスクや消毒用エタノールが売り場から消えました。

そうなると皆さんインターネットで、消毒用エタノールの代わりになるお酒のスピリタスを買われている方がいます。

しかし、化学者では無い人が無水エタノール(99%)を単純に水道水で薄めれば出来るんでしょ?と言う人がいます。

私も大学生の時はそうでした。

ではどうやって作っていけばよいのでしょうか??

これから説明していきます。

まずは原理の部分を説明してきます。これに関してはいくつか考えられると思いますが、その中で私の研究室の仲間と相談して結論に至ったのを下記に書きます。

それはエタノールと水の分子の大きさが違います。

エタノールの分子はC2H5OH、水の分子はH2Oですよね。

ということはこの2つの物質はよく混ざるので、

例えばメスシリンダーに水を最初に入れて、その後にエタノールを入れるか、

エタノールを入れた後に水を入れれば良いと考えるかもしれません。

でもこの方法では正しい濃度にする事が出来ません。

例えのイメージとしては、バケツにゴルフボールとバスケットボールの二つのボールを入れたとしましょう。そうすると当然大きさの違うボールが混ざるので、バスケットボールは1個入れた周りにゴルフボールが埋めていく形になると考えられます。

これでバケツがいっぱいになってしまいます。

なので化学者が消毒用エタノールを作るときは、メスシリンダーを2本にビーカーを1個用意して作ります。

無水エタノールのみのメスシリンダーと水道水のみのメスシリンダーを作りそれぞれ水とエタノールを別に入れます。その上でビーカーにメスシリンダーで各々量り取った水道水と無水エタノールを入れます。

この方法が正解なのです。

ちなみに無水エタノール(99%)や50%以下の濃度の物は、消毒に適さないので、購入する際や扱う際にも注意してください。それから消毒用エタノールは、75%~80%以内にしてください。宜しくお願いします。

最後に、スピリタスの代わりになるエタノールが売り出されているので、チェックしてみてください。

アナーキー(ウォッカ)82%のアルコールを消毒用エタノールに薄めるには、100mlのアルコールに対し水5mlを入れればおよそ78%になります。よって全量は105mlになります。

スピリタス(ウォッカ)96%のアルコールを消毒用エタノールに薄めるには、100mlのアルコールに対し水20mlを入れればおよそ80%になります。よって全量は120mlになります。