MENU

女性用の美白美容液(医薬部外品)でシミを本格ケア出来ます!!

目次

序文

突然ですがこんなお悩みありませんか?

  • シミが気になってきた
  • 年齢が増すごとにシミが増えてきた
  • 目元の黒ずみが気になる
  • 実際の年齢より上にみられる
  • 何年も前の日焼けがいまだに治らない
シミだらけの顔を治しませんか?

女性の肌は男性に比べ薄く弱いと言われています。そしてその為に、化粧水や美容液、メイクなどで保護してますよね。しかし、紫外線が年々強くなり、スキンケアをしていてもシミになってしまうケースも多いと思います。シミケアの一番大切ともいわれているのが、ビタミンC(アスコルビン酸ナトリウム)と言われています。そしてこのビタミンCは、飲む事でもある程度効き目があります。しかし、体内で大半が消費されてしまうので、最も気になる部分になかなか届きません。そこでオススメは、やはり患部に直接塗るのが一番だと考えられます。

イオン導入

他にも一時期、流行っていたイオン導入や電子穿孔では、このビタミンC誘導体を水や油に溶かしてイオンの電気的反発や皮膚に一時的に電気で穿孔をあける事でより患部に直接届くので、吸収が速く効果があると言われていました。しかし、このイオン導入機や電子穿孔の機械は、偽物が多くちゃんとした機械はイオン導入機(大学の研究室で使用したイオン導入機はソノイオン3)で7万円しました。また電子穿孔についてもかなり高かったと記憶しております。なので安いイオン導入機も発売されていますが、それは皮膚トラブルや効果のないものが多いです。特に1000円で売り出されていた導入機は目を疑いました。安いイオン導入機で多いのが、イオンの電気的反発を利用してビタミンC等のサンプルを導入し、超音波で拡散する方法なのですが、この超音波で拡散する際にかなり摩擦により熱を帯びます。そしてこれにより炎症してしまう皮膚トラブルが一番多いのです。そしてこれらのことから、高額のイオン導入機は注目を浴びるも、あまり定着しませんでした。またこれらの研究をやってきて、安全でしかも効率よく皮膚に吸収させるには、昔からも言われている乳白色になっている状態。つまり油と水が混ざり合っている状態が皮膚に吸収されやすいと言われています。なので皮膚になじみやすい乳液は特にオススメです。

タウンオーバー

また雑談ですが、皮膚のタウンオーバーは、30日前後で入れ替わると言われており、そのタウンオーバーが年齢と共に活性が落ちてきますが、手入れをちゃんとする事で、タウンオーバーと共にシミの部分が真皮から角質層に移動し、やがてアカとなって綺麗に落ちます。なので諦めないでビタミンC入りの乳液や化粧水でしばらく続けることで改善します。そこで今回オススメしたいのが、下記のサイトから発売されている化粧水と乳液です。

商品紹介

スキンケアをしているところ

このサイトから発売されている医薬部外品の薬用美白エッセンスでは、3種類の医薬部外品に指定されているシミケア有効成分のアルピニアカツマダイ種子エキス、トラネキサム酸、党参抽出物加水分解液、そしてシミケア相乗効果があるビタミンC誘導体、プルーン酵素分解物を配合!さらに13種類の保湿成分を配合しています。

トラネキサム酸とは、風邪薬にも入っている炎症などを抑える働きのあるビタミンEの成分となっています。なので日焼けしたりした際に炎症を抑える働きがあります。そしてそれはシミの抑制につながります。またビタミンCは上記でも書きましたが、美白効果のある成分でシミを消してくれる働きをします。そして配合されている漢方系を塗ることによってより炎症を抑えたり、シミをケアしてくれます。こちらの商品を毎日塗るだけで、シミ・ソバカスを治し、また維持する事が出来ます。最近では、オゾン層の破壊により夏や冬だけでなく一年を通じて紫外線が強いので、年間塗る必要があります。

女性用シミを本格ケアする薬用美容液


まとめ

皮膚が若くターンオーバーがしっかりしている30代からしっかりシミケアをする商品を使うことで歳をとった時も若々しく見えますし、美肌が手に入ります。これからは、夏の紫外線で皮膚がんになるリスクも上がりますので、出来るだけ日傘や日焼けクリームを塗って過ごしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次