COVID-19消毒用アルコールの作り方

無水エタノールをお酒で代用して消毒用アルコールに調製する方法

5.0
消毒用アルコールを手につける消毒用アルコールの作り方

序文

昨今の、コロナウイルスによりマスクや消毒用アルコールが売り場から消えました。そうなると皆さんインターネットで、消毒用アルコールの代わりになるお酒のスピリタスを買われている方がいます。しかし、化学者では無い人が無水エタノール(99%)を単純に水道水で薄めれば出来るんでしょ?と言う人がいます。私も大学生の時はそうでした。ではどうやって作っていけばよいのでしょうか??これから説明していきます。ちなみに消毒用アルコールとして売られていても50%を切るような物まで売られていますが、ほとんど消毒として意味がないので注意してください。また燃料用アルコールも売られていますが、エタノールではないので間違えないようにしてください。さらに塩化ベンザルコニウムも売っていました。こちらは逆性石鹸と言って、例えば石鹸を皮膚にくっつけると、その菌が皮膚に付着して落ちないようにしてくれます。なので医薬品を無菌操作して扱ったり、お医者様が患者様を見る時に、塩化ベンザルコニウムを薄めた液に手を通してから、診てくれます。そういった環境でなければなかなか使わないと思います。

原理

まずは消毒用アルコールの原理について説明してきます。これに関してはいくつか考え方があると思いますが、その中で私の研究室の仲間と相談して結論に至ったのを下記に書きます。それはエタノールと水の分子の大きさが違います。エタノールの分子はC2H5OH、水の分子はH2Oですよね。ということはこの2つの物質はよく混ざるので、例えばメスシリンダーに水を最初に入れて、その後にエタノールを入れるか、エタノールを入れた後に水を入れれば良いと考えるかもしれません。でもこの方法では正しい濃度にする事が出来ません。例えのイメージとしては、バケツにゴルフボールとバスケットボールの二つのボールを入れたとしましょう。そうすると当然大きさの違うボールが混ざるので、バスケットボールは1個入れた周りにゴルフボールが埋めていく形になると考えられます。これでバケツがいっぱいになってしまいます。なので化学者が消毒用アルコールを作るときは、メスシリンダーを2本にビーカーを1個用意して作ります。無水エタノールのみのメスシリンダーと水道水のみのメスシリンダーを作りそれぞれ水とエタノールを別に入れます。その上でビーカーにメスシリンダーで各々量り取った水道水と無水エタノールを入れます。この方法が正解なのです。

商品紹介

ちなみに無水エタノール(99%)や50%以下の濃度の物は、消毒に適さないので、購入する際や扱う際にも注意してください。それから消毒用アルコールは、75%~80%以内にしてください。宜しくお願いします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スピリタス 96度 500ml 正規
価格:1719円(税込、送料別) (2021/7/18時点)


スピリタス(ウォッカ)96%のアルコールを消毒用アルコールに薄めるには、100mlのアルコールに対し水20mlを入れればおよそ80%になります。よって全量は120mlになります。


こちらのアナーキーは、82%となっているので調製は不要です。


現在2021年4月現在では、消毒用アルコールも手に入るためこちらからも購入する事が出来ます。

まとめ

スピリタスなどの高濃度のお酒から消毒用アルコールに薄めるには、それぞれ別の容器にスピリタスと水を測り、その既定量を混合するさらに別な入れ物に入れてください。そうすればちゃんと80%アルコールを調製する事が出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました